• HOME
  • 【広島】PROPELLER HAIR :: コンセプトサロンレポート
PROPELLER HAIR
  • 広島エリア
  • PROPELLER HAIR
  • 広島市中区中町1-30 セラビル2F
  • Tel:082-544-3511Tel:082-544-3511
ご予約の際はベストサロンレポートを見た、とお伝え下さい。
  • WEB SITE
  • MAP

広島の美容室、PROPELLER HAIRさんへのインタビューレポート

─ コンセプトサロンレポート ─

東京の有名サロンで長年経験を積んだオーナーさんが率いる美容室。
今年20周年を迎え、地元広島の女性に絶大な支持されいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レポーターの視点PERSPECTIVE OF THE REPORTER

担当レポーター : 橋口 朋浩 橋口 朋浩

豊富な経験と高い技術が、美しい髪を作り出す。

 東京の有名サロンで長年経験を積んだオーナーさんが率いるこちらの美容室は、今年で20周年を迎え、多くの地元の女性に長年支持されてきました。その理由は、やはり豊富な経験で培った技術力の高さです。オーナーの重田さんは、他の美容師さんに向けた講習会を開かれるほどの実力の持ち主。美容業界の第一線での長年の経験と、その確かな技術を持つプロペラヘアーさんは、安心して自分の髪を任せられる美容室です。そんなプロペラヘアーさんでは、「似合うヘアデザインは、美しい髪から」をコンセプトに、まずお客さんの髪を美しい状態にすることを、お店全体で取り組んでいるそうです。美しい髪から生まれる、あなたに本当にぴったりのヘアスタイルをプロペラヘアーさんで手に入れてください。

重田オーナーへのインタビュー

── プロペラヘアーさんのコンセプトを教えて下さい。
経験の重みを感じるインタビューでした
 当店では「似合うヘアデザインは美しい髪から」をコンセプトに掲げています。髪の状態が良くないと、デザインがうまく再現できませんから。髪がバサバサだと、手入れもしにくいじゃないですか。
 つまり、技術がある、ということはまず状態を良くすることができる、ということを意味します。例えるなら、料理人の目利きと同じです。材料が良いと、料理の味も変わってきますよね。先を予測した施術ができるということで、お客様に「この人になら任せられる」と信用して頂いています。ありがたいことに、一度当店を離れてもまた戻ってきて下さる方もいます。そういった方々のためにも、その時限りのヘアデザインではなく、一生のヘアデザインを提供していきたいと思っています。
── コンセプトを実現するための工夫について教えて頂けますか?
木目調のシックな店内
 当店では、広島で一番早くオーガニックカラーを取り入れて、サロンワークに生かしました。また、カラーやパーマの前につけるトリートメントを前処理と呼びますが、これも10年以上前から行っています。トリートメントではケラチンやTPP(毛髪の栄養となるたんぱく質)を補うものや、スチームで薬剤の浸透を促す機器もいち早く導入してきました。
 技術面では、やはり経験の豊富さが現在の質を支えていると言えます。お客様の「好みの幅」を尊重するだけでなく、お客様の気づいていない「似合う幅」をいかに提案し、お客様と共に美の追求ができるか、ということを毎日考えています。よりお金のかかる提案をすることもあるわけですから、美容師からの提案に繊細になっているお客様もいらっしゃると思います。ですからこちらも、無理強いはもちろんしませんし、お客様に選択肢を残しながら丁寧に説明させて頂きます。でも、それでも納得して頂けるくらいのアイディアを提供できるようなプロでありたいですね。
 こればっかりは、いつまでも完璧な答えは出ません。だから面白いし、試行錯誤し続けることができるんです。
── 長く続いているプロペラヘアーさんですが、スタッフさんへの教育面についてのこだわりをお聞かせ下さい。
広々としたセット面が並びます
 やはり人を叱らなければならない時もあります。指摘をされれば、頭ではわかっていても感情的には波立ってしまいます。難しいことではありますが、なるだけ「指摘」ではなく相手にとって良い「刺激」になるような言い方を心がけていますね。
 また、「コピる」は「学ぶ」であるということもテーマです。考えても答えが出ないようなことは、まずは先輩のマネをするしかないと思うんです。頭じゃなく、形から覚えて身に付くということもありますから。なので、週に2回は勉強会を開き、ビデオでの講習会も行っています。技術の基礎はそうした機会で覚えてもらうという感じですね。
 美容師というのは、例えるなら1+1が2にはならない世界です。こう切ったからこうなる、という保証はなく、服飾で言うなら、デザイナー・パタンナー・営業・販売、これら全てを一人でこなすかのような、多くの能力が求められる職業です。うまくやるのは簡単なことではありませんが、喜びも大きいんです。デザイナーはお客様の喜ぶ顔を直接見ることが少ないですが、僕達は裏から表まで全て体験することができますからね。だからこそ、厳しい世界ですが、若い美容師たちを育てて、応援してゆきたいと思っています。
pageTop